マネージャー日誌#6「イチロー引退」


<アーカイブ>

マネージャー日誌#5「思想の重要性」

マネージャー日誌#4「ゲストハウスとは何か?」

マネージャー日誌#3「ゲストハウスに必要なパソコンとは」

マネージャー日誌#2「私がゲストハウスで働くことになったキッカケ」

マネージャー日誌#1「ごあいさつ」

—————————————————————————————————-

みなさんこんにちは!ゲストハウス海風のマネージャーのYONEです!

ついに、、この日がやってきてしまいました。

イチロー選手、現役引退が発表されました。

長年のヒーロー

 僕は小学生の頃、少年野球をやっていましたので、イチローは、僕たちのヒーローでした。野球をやったことある子なら、誰だってあのバッティングフォームを模倣したものでした。

 僕も、年を重ねていく中で、イチローの動向を詳しく追っていた訳ではありませんでしたが、イチローはメジャーリーグで当然のように毎年活躍をしていました。

 僕ももうすぐ30歳ですが、こんなにも長く現役で活躍し続けていたなんて本当に信じられません。10年連続200本安打の記録なども含めて、「レジェンド」という言葉ですら、陳腐な表現に思えてしまいます。

イチローの凄さ

 野球の技術に関しては専門家に譲るとして、僕が本当に凄いなと思うのは、イチローの考え方の数々です。

 数年前、稲葉選手がイチロー選手のインタビューをしたときに、イチロー選手は「人間は、生まれ持った身体のバランスがあるんだから、パワーというものを勘違いして、筋肉をつけて身体を大きくすることは間違いだ」という趣旨のことを言っていて、当たり前の事なのに、非常に本質を捉えていて目からウロコが落ちたのを印象深く覚えています。

 (もちろん諸説あるのでイチローの意見が必ずしも正しい訳ではないと思いますが、シンプルなのにとても説得力がありました)


 また、アメリカにいるときは、日本人のモラルが疑われてしまうために、信号無視などは決してしないと言っていたのも印象的です。


 バッティングフォームも試行錯誤を繰り返していて、「一見無駄に思えるようなことでも、結局は無駄じゃない。合理的な考え方は嫌い」という趣旨の発言もしていました。

 ビジネスにおいては、合理的に物事を考えることは非常に重要なスキルですが、一方で合理性だけでは説明できない大切なものもあると、僕も感じています。

イチローは単なる野球選手にとどまらず、日本人、国際人、社会人としても超一流であることに、大人になってから気付きました。

一時代が終わってしまった寂しさ

 本当に一時代を築いたスーパープレイヤーだと思います。今後、イチロー選手がどのような活動をしていくのか、楽しみにしたいと思います。

ありがとう!そしてお疲れ様でした!


TOP